結婚詐欺被害にあったら警察の前に専門家

結婚詐欺被害にあったら警察の前に専門家を尋ねるべき?

普通、結婚前提にお付き合いしている交際相手の正体を疑う事はありませんが、金品の要求をするようになれば要注意。「もしかして結婚詐欺かも・・・」と不安になった場合、警察に駆け込むと一件落着かのように思うかもしれませんね。しかし、この相談が適正であるかどうか見極める必要があります。

 

結婚被害に遭い、警察に相談へ行ってもすぐに動いてくれるかというとそうではないようです。警察は多くの事件を抱えているので結婚詐欺のような社会的には小さな問題ばかりに手を取られてはいけないのです。警察に足を運ぶのであれば必要となるのは婚約関係であった事を証明する物と金品の授受の証拠。“結婚しよう”とほのめかす交換日記やメール、結婚式場予約書類、現金を受け渡す際に引き出した日時と金額など物証がなければまともに取り合ってくれないと考えてください。また、相手の個人情報も虚偽でない事を確認してきちんと伝えましょう。しかし、一番気になるのが結婚詐欺師に騙された金額ですが、警察に相談して被害届や刑事告訴に発展しても返金されないのがデメリット。慰謝料請求が可能な民事に対して警察の動く刑事では法で裁かれて罰金支払いとなっても国に納めてしまわなければなりません。

 

「私は被害者なんだから警察に相談すれば丸く収まる」と思うかもしれませんが、結婚詐欺の解決手段を誤れば損してしまう事も。そうならない為にお金を返済してくれる解決策や証拠収集の心強い味方が頼もしい存在となるでしょう。一度お気軽に無料相談して結婚詐欺に負けない自分となりたいものですね。

 

結婚 詐欺